October 19, 2006

財布の中に諭吉さん(1万円札)しかないという状況にならないコツ

ちょっと、僕の実践しているプチ Life Hacks を紹介してみます。

コンビニやキオスク、自販機なんかで、百いくらとかごく少額の支払いをするときに、財布を覗いてみると、一万円札しか入っていない!という場面があります。
1万円札を出してしまえばいいんですが、あまりスマートではないなと思ってしまいます。
お店の方に「千円札の持ち合わせが少ないので、ご協力下さい」なんて貼り紙があるときも。
自販機はそもそも一万円札が入らないときもありますよね。

さて、そんな事態に陥らないために、銀行で現金を下ろすときにやっていること。
例えば、1万円引き出したかったら、9千円だけ引き出すことです。
1万円なら一万円札一枚出てくるだけですが、9千円にすると千円札が9枚ATMから出てきます。
2万円引き出したいときは、1万9千円引き出す。
3万円の時は、2万9千円。

いずれ、千円札は無くなっていくのですが、それなりに大きい買い物の時に出してしまえば、財布の中はいつも千円札フロー(?)が豊富な状態を保つことができます。
ちょっとしたことなんですが、会社なんかでも千円札が無くて困っている人を結構見ることがあるんですよね。
知らなかった人はお試しあれ。

投稿者 yoshidako : 11:05 AM | コメント (3) | トラックバック