« ノラないから帰ってきた | メイン | なんか俺が仕事にかまけている間にも、ジュニャーはぐんぐん育っているわけで・・・ »

June 17, 2007

サバイバルのために

一昨日のエントリー、吉田耕介の熱風ちゃんねる: ノラないから帰ってきたは、実は昨日やっと落ち着いてきたところで、書いてみたわけだけど。
本当の一昨日帰ってきたころは、疲れきってとても書けるような気分じゃなかったから。
2日休んで、もうちょっと整理できてきた。

これからのことを、真剣に考えないととは思っている。
次のステップへ進む、ミッションをスタートさせます。
今はまだ書けないけどね。

「緊張感を持って生きる」っていうごくごく当たり前のことなんじゃないの。家族がいれば、家族と一緒に幸せに生きていくための最低限の原資を稼ぎ続けるぞっていうのはサバイバルだし、どんどん変化していく世の中でプロとして簡単にコモディティ化しないぞと決心してスキルを磨くのもサバイバルだし、勤めている会社が突然つぶれたときにちゃんと他社から誘われたり独立できるよう準備しておくなんてのもサバイバルだろうし・・・。

My Life Between Silicon Valley and Japan - サバイバルって当たり前のことなんじゃないの

梅田さんのブログでちょうどこんなエントリーが上がっていた。
現状、一人ではとてもじゃないけどこなせないような量の、仕事と責任(んー、責任については俺がそう思っているだけかも知れないのだが、上司が責任をとる姿勢を見せてくれない限りは、自分がやらなきゃというスタンスにならざるを得ない・・・)を背負わされていて、それでもやらなきゃ「逃げ」じゃないのかと思ったりしていたが。
いやいや、家族を守るためには、無理しすぎちゃぁやっぱりいけませんぜ。
上司の仕事丸投げ体質から、上手に逃れることも、俺にとってはサバイバルだな。

さて、早く始めないとな。

投稿者 yoshidako : June 17, 2007 11:05 PM | このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yoshidakosuke.com/mt/mt-tb.cgi/1143

コメント

コメントしてください




保存しますか?