« 駄目です・・・。どうも日航機墜落事故が頭から離れない | メイン | 夏もあとわずか!海だ!江ノ島だ! »

August 27, 2005

郵政民営化法案反対論者は、実は民営化自体には賛成している人もたくさんいる

何をいまさら、という方もおられるかとは思うが。
郵政民営化法案反対論者のBlogを色々とみるにつけ、実は民営化自体に反対している人はそれほど多くないのではないかという気がした。
要するに、今回の小泉政権の民営化法案に反対なのだよと。

+ 駝 鳥 + - 選挙戦へのつぶやき2~郵政民営化の議論は難しい

小泉流のキャッチフレーズ政治によって、あたかも「あなたは、改革を望みますか?望まないんですか?」といった二項対立であるかのように、喧伝されているが、単に小泉首相が嫌いだといった情緒的なものを除けば、いずれの反対論も、改革の方向性に疑問を投げかけるものであって、現状が望ましいなどといっている論者は極めて少ないように思う。

このエントリーはとても面白かった。
民営化する方向でってのはいいんだけど、やり方とか方向性が大事だろ?って言っている人も多いんじゃないかということだ。
今のまま、ポンッと民営化なんかしちゃったら、非常に危険じゃないのか?
という人も。
でも、つっこんで見ていくと、どんどん難解になってきますね。
リフレやら、財投やら、国債残高やら、色んな用語がいっぱい出てきて、辞書引きながらなんて読んでられねーとなってくるわけですよ。

そうやって、思考停止なところで小泉さんの
「改革を望みますか?望まないんですか?」
だもんなぁ。
歯切れのいい、分かりやすいメッセージだけで僕たちを駆り立てる小泉さんのやろうとしていることは、中身はどういうことなのか?
ということをちゃんと見ていかないと、とんでもないところまでいっちゃってから、引き返せないところまできてしまったということにもなりかねないですよ。
改革を望んでいない人(今のままで結構と思っている人)はそんなに多くないと思うのです。
なんらかの手を打たないといけないよねというのは、分かっている。
どういう改革をやりますか?
というところに焦点を当てないといけないですよね。

どこかで書いてあった(どこにあったかは忘れた。泣)のですが、今の小泉政権を支持しているという人は、天下り官僚への恨みに似た感情とか、そりゃもう、感覚的なところだと思うのですよ。
そういう意味では、対抗する野党なんかももっとイメージ的に小泉さんを洗っていかないと、勝ち目がないかもなぁ。

なんせ、勉強が足りんなぁということはよく分かってきました。

投稿者 yoshidako : August 27, 2005 10:27 PM | このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yoshidakosuke.com/mt/mt-tb.cgi/824

コメント

僕は郵政民営化について最終的には、よくわからんなあ、ですはい。
最近は女性の子育て支援とか年金改革がどうなのか見てます。

投稿者 kensuke : August 28, 2005 07:07 AM

kensukeくん、こんにちはー。
そうだよなぁ、女性の子育て支援とか年金改革もよくみとかなきゃですな。
っつうか、郵政民営化だけに注視させようっていうのが、小泉自民党の戦略ですからなぁ。
選挙後は、それだけやってるわけにも行かないんだもんな。

投稿者 よしだこうすけ : August 30, 2005 10:54 AM

コメントしてください




保存しますか?